google-site-verification=lxBcY9QS5_XoAUWZLwJLzuiWT_3LvW-NZonA2XqmKtM google-site-verification=lxBcY9QS5_XoAUWZLwJLzuiWT_3LvW-NZonA2XqmKtM

Her story

三度の飯よりもお菓子と猫が好きな大学生のブログ

カルビーポテトチップス 47都道府県の味

「カルビーポテトチップス 47都道府県の味」の北海道、高知、大分の食レポをしたいと思います。(なぜこの3種類かというとスーパーにこの3種類があったからという単純な理由)

 

 

 

山わさび醤油味 in 北海道

f:id:miinosuke:20190712083345j:plainf:id:miinosuke:20190712083411j:plain
 
 
一度食べるとクセになる山わさび。北海道を中心とした、比較的寒い土地の山などに自生しています。

 

「北海道山わさびのツーンとした香りと辛さにまろやかな醤油を加えた味わい」と商品パッケージには記載されています。ちゃんと「辛さの感じ方には個人差があります。お子様や辛味の苦手な方は、ご注意ください。」(パッケージ左下)と注意しているところがみそですね。そんなに辛いのでしょうか…
 
食べた感想
簡単に言うとうすしお味にわさびを入れた感じ。
確かに辛い。口に入れるだけでピリ辛がやってくる。けっこうリアルにくる。
わさびが嫌いな人は辞めといたがいい。逆に好きなわさびが好きな人は絶対すきだろうと思う。
一気に一袋を食べてしまうのは難しいくらいに辛い。

 

ミレービスケット味 in 高知

f:id:miinosuke:20190712083433j:plain f:id:miinosuke:20190712083457j:plain
ミレービスケットを製造しているのは、「野村煎豆加工店」。今も、バターピーナッツや甘納豆など、豆菓子とともにミレービスケットを作っています。

「高知で愛されているまじめなおかしミレービスケット風味のポテトチップスです」と商品パッケージには記載されています。「まじめなおかし」ってキャッチフレーズだったんですね。ボケ要素はなさそうなのに何なんだろうと気になっていました。ビスケット風味のポテトチップスというのもおもしろいポイントですね。

 

食べた感想

簡単に言うと、うすしお味の塩がなくなって砂糖が多めになったバージョン。これといって大きな特徴はないと思われる。もうポテトチップスなので、あたりまえだがビスケット要素はない。特別販売ではなく、通常販売で売っていても差しさわりはなさそうなかんじ。
そもそもミレービスケットの味がわからないから何とも言えない

 

かぼす味 in 大分

f:id:miinosuke:20190712083515j:plain f:id:miinosuke:20190712083535j:plain
カボスは、生産量の9割以上が大分産。
クエン酸とビタミンCがたっぷりの果汁とさわやかな香りが自慢の逸品です。
 「大分県産のかぼすを使用した、爽やかなうま味!」と商品パッケージには記載されています。生産の9割以上が大分というのはすごく高い割合ですね。ちゃんと大分かぼすのマスコットキャラクターもいるようです。名前は「カボたん」かぼすにかなり力をいれていることがうかがわれます。
 
食べた感想
CCレモンっぽいかんじ。芳しい香りと風味がただよってくる。あっさりしているので、さくさく食べ進められる。一気食べが好きな人はおすすめ。
 

まとめ

3種類すべてにおいてなかなかマイナーなところついてきていたと思います。その都道府県の固有さを重視したのでしょう。

カルビー株式会社は、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾~第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

ニュースリリース 『♥ JPN(ラブ ジャパン)第2弾“17道府県の味”発売 』 | カルビー株式会社

 

「北海道→山わさび」「高知→ミレービスケット」「大分→かぼす」ということを知ることができました。また新たな味が発売されたら購入したいと思います。それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

いってきますなかんじ。