Her story

三度の飯よりもお菓子と猫が好きな大学生のブログ

お得にペットボトル飲料を飲む方法

f:id:miinosuke:20190603221831p:plain

こんばんは、みーのすけです。

さて、みなさんはペットボトル飲料をよく買いますか?

もし、よく買うんならできるだけ安い値段で買いたいですよね!ということで今回はみーのすけの節約ペットボトル生活を伝授していきたいと思います。

目次

 

 

1、自販機、コンビニ>スーパー、ドラッグストア

この事実、頭ではわかっていると思います。でも、ついつい自販機やコンビニで買ってはいませんか? 緊急時にはそれでいいと思いますが、いつもいつもとなると、知らないうちに財布から余分なお金がけっこう飛んでいってますよ。

販売店、飲料の種類によりますが、500mlのペットボトルで考えたときだいたい、自販機、コンビニとスーパー、ドラックストアとでは少なくとも30円、高い時には50円ほど差があるように思われます。

たかが数十円と思うかもしれませんが、これ、4、5回買っていればもう一本余分に変える金額になってしまいますよ。

みーのすけのおすすめはスーパーやドラッグストアに足を運んだときに前もってペットボトル飲料も買っておくことです。近くにお店がない限り、飲料のためだけに行くのはめんどくさいからですね。

 

2、コスパの良さは断然1500ml>500ml

f:id:miinosuke:20190603223600j:plain

 左が500mlのペットボトル、右が1500mlのペットボトルです。(午後の紅茶は単なるみーのすけの好みです。最近m紅茶が飲めるようになったので調子に乗って、紅茶を買っただけの話です。)値段は500mlが88円、1500mlが168円です。

 

500:1500=88:168→1:3=11:21→11:33=11:21

 

値段と内容量の割合計算をしました。計算をせずとも、内容量が3倍になっても値段は約2倍にしかなっていないことから1500mlがかなりお得だということがわかると思います。

500mlペットボトルを一日で飲み干すのならば、1500mlペットボトルを3日で飲んだ方が良いというわけです。

水筒に水、お茶以外の飲み物を入れるのに抵抗がある方は、100均などで売られているボトルがおすすめです。軽いし、洗いやすいです。(落としたら割れる可能性はありますが)

 

3、そもそもペットボトルって高くない

f:id:miinosuke:20190521081341p:plain
出ました、そもそも論です。これ言いだしたらきりがないことはわかっていますが、言わせてもらいます。一番安いのは水筒にお茶作っていくことです。ペットボトルよりも何よりもお茶パックのほうがはるかに安いです。
 
なんといってもペットボトルの利点は好きな場所で買えるのと、手軽に持ち運べることですからね。水筒は重量そこそこありますし、なかなか難しい部分もあります。
 
みーのすけと一緒にみなさんも節約生活を楽しみながら送っていきましょう。
じゃあ、おやすみなさいなかんじ。